読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新卒が語る初めての単身引っ越し体験談、お得で便利なコツまとめ

新卒社員向けの引っ越しに関する情報サイトです。費用や時期についての不安を解消できます!

新卒向け単身引っ越しのコツまとめ

We will tell you the secret of moving house ▼

新卒が引っ越し直後に陥ること

引っ越し検討中の来年から社会人になる皆さん!

引っ越しが終わってもまだまだやらなければならないことがたくさんあります!

 

ここでは引っ越し直後の新卒がはまるポイントを紹介します

  • 新卒が陥る行政手続きの罠
  • 新卒が陥る郵便物のポイント
  • 新卒が陥るクレジット料金滞納のワナ
  • 新卒が陥る免許取り消しのポイント

新卒が陥る行政手続きの罠

引っ越し後の転入届はできる限り早い時期に出しましょう。
転入届は引っ越し後14日以内に出さなければならず、
仕事が始まってしまうと、市町村役場まで出向くことが難しくなります。

新卒が陥る郵便物のポイント

引っ越しをしたら郵便局を転送サービスを受けられるようにしておきましょう。
転送サービスとは昔住んでいた家に届く郵便物を新しい家まで1年間は無料で持ってきてくれるサービスです。
これをしてないがために、私の知り合いは、資格試験の合格証書を受け取ることができませんでした。

転送についての詳細は郵政のページから確認可能です。

新卒が陥るクレジット料金滞納のワナ

クレジットカード会社には引っ越しをしたことを必ずすぐに伝えておきましょう。
引っ越し後の新生活ではたくさんの費用を使ってしまいます・・・。
住所変更の手続きをしなかったら料金滞納を知らせる手紙すら来ず、、最悪クレジットカードの停止・ブラックリストへの登録も・・・。
上記の郵便の転送サービスを使えば自分の新住居まで届きますが、少々届くのが遅くなってしまいます。

新卒が陥る免許取り消しのポイント

引っ越しをしたら免許証の住所は必ず変更しておきましょう。
新住居の管轄の免許センター、警察署で変更が可能です。
住所変更をしていなければ、免許更新のお知らせが届かず、
更新することを忘れ、最悪免許を取り消しになってしまう恐れも・・・。
郵便転送サービスを受けていても油断は禁物!郵便転送サービスの有効な時期は引っ越しから1年間です。
免許更新までまだ1年以上ある場合、転送サービスが受けられません。

引っ越しの際の免許の住所変更は以下から確認可能です。